基礎的研究

 基礎的な研究を行って,そこから得られた新しい知見を日々の診療に反映させることは非常に重要なことです.ここでは当科で行っている研究についてお示しします.

 

 研究対象となっている患者様に対しまして,①研究の目的,意義,対象,方法(利用する情報),②実施組織名,責任者指名,問い合わせ,苦情等の相談窓口(連絡先),個人情報の取り扱い方法(情報の開示についても含む)について明示いたします.尚,研究対象者となることは常に拒否することが可能です.ご自身が研究対象者である可能性への質問やお問い合わせ,または研究対象となることを拒否する場合には,お気軽にお問合せください.

 メールでのお問い合わせはこちらまでお願いいたします.

細胞増殖能からみた膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMNs)の術前悪性度予測因子の抽出

研究対象

膵管内乳頭状粘液性腫瘍の切除例

目的

嚢胞性病変あるいは膵管系全体の体積,嚢胞径,主膵管径,嚢胞内結節などの術前のパラメーターとMIB-1 labeling indexとの相関性を検討し,細胞増殖能からみたIPMNの術前悪性度予測因子を抽出しその意義について調べることを目的とする.

プロトコール・内容

1. 患者背景因子に関してはカルテベースで抽出する.

2. 術前CT,MRI検査を用いる.

2. 切除したIPMNの標本からプレパラートを作成し,HE染色や免疫染色を施行する.

研究者

渡邊 利広 

当科の責任者

木村 理 (教授)

当科の問い合わせ先

023-628-5336 (医局電話番号)

個人情報の取り扱い

解析に当たっての患者様の情報入力は山形大学医学部外科学第一講座に設置された外部と隔絶されたコンピューターを用い,パスワードロックとともに施設の施錠によって厳重に管理しております.


Borderline resectable膵癌に対する術前S-1併用放射線療法の第Ⅱ相試験 (JASPAC-05)

 

参加・治療対象

20-75歳のborderline resectable膵癌

 目的

Borderline resectable膵癌に対する、術前治療としてのS-1併用放射線療法の有効性と安全性を評価する。

プロトコール・内容

放射線治療は11回、週に5日(月曜~金曜)、計28回行います.S-1は指示された1日量を2分割して、放射線治療日に合せて(計28日間)、朝食後および夕食後に内服します.

その後,手術を行います.

 登録期間

2012915日~2016914

総研究期間:5年(登録期間:3年、追跡期間:登録終了後2年)

 予定登録患者数

 50

 研究代表者

国立がん研究センター東病院  肝胆膵腫瘍科  科長  池田 公史  

 参加施設

 山形大学, 国立がん研究センター東病院,他全国31施設

 当科の責任者

 渡邊 利広 (病院講師)

 当科の問い合わせ先

 023-628-5336 (医局電話番号)

 その他

 ボーダーライン膵がんとは、切除は可能であると考えられるものの、がんの一部が大事な血管に接しているため、複雑で難しい手術が必要となり、がんを全て除去できず、切除後再発してしまう可能性が比較的高い膵がんです。

 この臨床試験は,術前に抗がん剤併用の放射線治療を行うことで,がんを残さず切除できる可能性があり,その有効性と安全性をみる試験です.

リンク

 http://www.fuji-pvc.jp/center/jaspac/05/nojoin.aspx?j=10