乳腺外来を受診される方へ

乳癌検診を希望される方へ

 症状のない方は、一般の検診あるいは、人間ドックをお勧めします。単に心配だから大きな病院で見てほしいという希望には、人員の関係からお応えできません。

 

乳腺専門医の診察を希望される方へ

 残念ながら、乳腺専門のスタッフがすくなく、すべての方を乳腺専門医が診察することができません。希望される方は、紹介状とともに、地域連携を通じて予約をお願いします。予約外の方は、まずは、消化器外科医が診察し、必要時に2回目から乳腺専門のスタッフが診察します。乳腺専門医の診察なしで終診となることもあります。

 

女性医師を希望される方へ

 残念ながら、当院には乳腺専門にかぎらず、女性医師はおりません。基本的に、若い方でも男性医師の診察となることが多いです。

 10代などの若い女性の方の診察時には、女性看護師付き添いで診察をしております。看護師付き添いの診察希望の方はお声をかけてください。外来が混雑しているときは、看護師さんの手があくまでお待ちいただきます。

 

乳癌検診で異常を指摘された方へ

 診察の結果、問題がない方は、また一般検診にもどっていただくか、近隣のクリニックに紹介させていただいております。心配だから、今後も大学病院でずっと見てほしいというご希望には、人員の関係からお応えできません。また、当院での診察時に異常が見られなくても、年数が経過する間に病状が明らかになって診断に至ることもあります。一生大丈夫ということはいえません。引き続き、検診を受診ください。

 

良性腫瘍の経過観察について

 検査の結果、良性腫瘍と診断、あるいは良性の可能性が高いものに関しては、手術希望があれば手術を行い、希望がない方は近隣のクリニックに紹介させていただいております。

 手術は希望しないが、心配だから今後もずっと大学病院で見てほしいという希望には、人員の関係でお応えできません。

 

他の病院で手術を受けられた方へ

 他の科で、大学病院に通院しているので、乳癌の手術後の経過も大学病院で見てほしいという希望には人員の関係でお応えできません。手術を受けられた病院で引き続き診察を受けていただくようにお願いいたします。大学病院で診療する必然性がある場合は、対応いたしますが、必然性がなくなれば、元の病院にお戻り頂きます。あるいは、再発があった場合は、もとの病院の主治医と治療方針を相談するようにお願いいたします。

 なお、山形への転居により、大学病院に通院したいという方はその限りではありません。

 

大学病院に入院される方へ

 大学病院は、研究、教育機関でもあり、ステューデントドクター(従来の医学生)の実習も行っています。また、教授回診もあります。患部をふくめて、診察や問診、手術見学などの実習に御協力をおねがいします。もちろん、学生に手術をさせたり、大勢のスタッフの前に患部をさらされるというわけではありません。教授回診は診療上必要であり、全患者さんにお願いいたします。医学生実習を拒否することもできなくはありませんが、そのような場合は、他院へ紹介させて頂く場合もあります。

手術後の外来通院について

 手術患者さんのすべてを当院の外来で診察することは、人員の関係から困難です。

かかりつけ医と連携して2人主治医の形で、近隣クリニックと当院と連携診療をお願いいたします。一般的に、術後の放射線治療や化学療法などの初期治療がおわったら、当院には半年ごとに来院していただき、その間は、近隣クリニックを受診していただきます。大きな病院の方が安心だから、すべて大学病院で見てほしいというご希望には、人員の関係でお応えできません。他の地方では、病院診察は年1回としているところもありますが、当院は年2回ですので、これでも病院診察は多い方といえると考えます。

 

 術後は一般的に10年をめどに終診とし、その後は一般検診に回っていただきます。以前は、10年を超えた方も診察しておりましたが、人員の関係から、10年で病院卒業をお願いします。心配だから大きな病院で見つづけてほしいというご希望にはお応えできません。